忍者ブログ

遊戯王オンライン・MTG(マジック・ザ・ギャザリング)・ヴァイスシュヴァルツの動画をまとめます

2017.09┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
RSS
HOME前項現在のページ次項
2017-09-20-Wed 07:12:47 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010-03-09-Tue 11:48:06 │EDIT
闇遊戯
☆1:古よりの襲来
☆2:奇跡の魔術
☆3:オシリスの雷 14勝:《疾風の暗黒騎士ガイア》
45勝:《バスター・ブレイダー》
90勝:《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》
105勝:闇遊戯プレゼント(男性用服)
 
海馬瀬人
☆1:青眼の白龍の咆哮
☆2:究極の龍
☆3:オベリスク降
14勝:《ブラッド・ヴォルス》
45勝:《竜魔人 キングドラグーン》
90勝:《ヴァンパイア・ロード》
105勝:海馬プレゼント(男性用服)

城之内克也
☆1:黒竜の力
☆2:強運を引き寄せろ!
☆3:結束する戦士
14勝:《真紅眼の黒竜》
45勝:《人造人間-サイコ・ショッカー》
90勝:《天使のサイコロ》
105勝:城之内プレゼント(男性用服)

遊城十代
☆1:E・HERO 見参!
☆2:E・HEROの結束
☆3:新たなる力
14勝:《ダーク・カタパルター》
45勝:《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》
90勝:《E・HERO ネオス》
105勝:十代プレゼント(男性用服)

万丈目準
☆1:変形合体!!
☆2:レベルアップの恐怖
☆3:おジャマします!!
14勝:《VWXYZ-ドラゴン・カタパルトキャノン》
45勝:《アームド・ドラゴン LV7》
90勝:《おジャマ・キング》
105勝:万丈目プレゼント(男性用服)

天上院明日香
☆1:サイバー・ガール
☆2:サイバー・ガール2 
☆3:天魔混合
14勝:《エトワール・サイバー》
45勝:《サイバー・ブレイダー》
90勝:《高等儀式術》
105勝:ブルー制服2(女性用服)

不動遊星
☆1:絆の力
☆2:
☆3以上:
14勝:《くず鉄のかかし》
45勝:《デブリ・ドラゴン》
90勝:《バスター・ビースト》
105勝:遊星アバ購入権利(90BP)

ジャック・アトラス『条件を満たさないとデュエルできない(遊星とある一定以上デュエル)』
☆1:王者の鼓動
☆2:
☆3以上:
14勝:《ダーク・スプロケッター》
45勝:ダークリゾネーター
90勝:バイスドラゴン;
105勝:キングアバ購入権利(90BP)


 
十六夜アキ
☆1:冷たき薔薇
☆2:黒薔薇のささやき
☆3以上:
14勝:《棘の壁》
45勝:《ブラック・ガーデン》
90勝:《椿姫ティタニアル》
105勝:アキプレゼント購入権利(90BP)





 
一般プレイヤー以外のキャラクター(CPU)とデュエルすることができます。
CPUキャラクターは、それぞれ特徴のあるデッキと戦術を持ち、いつでも対戦を行うことができます。
CPUと対戦するためにはデュエリスト・プレミアムのサービス期間中でなければならない。
1人のCPUに対して特定の勝利数毎にプレゼントカードとデッキレシピがもらえる。
また特定のアバターが雑賀の隠れ家のアバターショップに並ぶ(要BP)
プレゼントカードはトレード不可
YO2ですでにカード、デッキレシピ、アバターをもらっているCPUからも再度カードをもらうことができる。 
 


各CPUごとに友好度が設定されており、そのCPUに勝利することで増えていく。
YO2では負けも友好度が増加したが、YO3での負けは友好度の増減にかかわらない。 
詳細
アニメキャラCPU
友好度の最大値が高く、かなりの勝ち星が必要となる。
14、45、90勝目にプレゼントカードを受け取ることができる。
20、?、?勝目に友好度の☆が増え、デッキレシピを受け取ることができる。 またそのキャラの使用するデッキとセリフが変化する。
105勝目?に雑賀の隠れ家にアバターが出現、購入する権利を得る。
遊戯王ONLINEオリジナルCPU
友好度の最大値がキャラごとに違う(固定なのかランダムかは不明)
3~10勝でプレゼントカードを受け取ることができる。(友好度がMAXである必要はない)
3~10勝でアバターが雑賀の隠れ家に出現、購入する権利を得る。(アバターのないCPUもいる)
4~10勝で友好度がMAXになるとデッキレシピを受け取ることができる。

 
 
遊☆戯☆王オンライン デュエルアクセラレーター ブログパーツにほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ カードゲームへ
ギャルゲー・ブログネットゲーム全般・ブログ遊戯王ONLINE・ブログ
PR
2010-03-05-Fri 22:28:48 │EDIT



 
 
【スターダスト・ドラゴン/バスター】 †
【スターダスト・ドラゴン/バスター】
デッキの概要
デッキの構築
モンスターカードについて
魔法・罠カードについて
《スターダスト・ドラゴン》のシンクロ召喚の方法について
《D-HERO ディアボリックガイ》使用型
《召喚僧サモンプリースト》使用型
《簡易融合》+《緊急テレポート》併用型
【フレムベル】型
《エキセントリック・ボーイ》使用型
【墓守】型
このデッキの弱点
サンプルレシピ
関連リンク
デッキの概要 †
 《スターダスト・ドラゴン/バスター》を特殊召喚し、フィールドを制圧するデッキ。
 比較的簡単に特殊召喚出来る上一度特殊召喚できれば圧倒的な制圧力で場をコントロールできるデッキである。
 
《スターダスト・ドラゴン/バスター/Stardust Dragon/Assault Mode》
効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
「バスター・モード」の効果及び 
このカードの効果でのみ特殊召喚する事ができる。
魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、
このカードをリリースする事でその発動を無効にし破壊する。
この効果を適用したターンのエンドフェイズ時、
この効果を発動するためにリリースされ墓地に存在するこのカードを、
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
また、フィールド上に存在するこのカードが破壊された時、
自分の墓地に存在する「スターダスト・ドラゴン」1体を特殊召喚する事ができる。
デッキの構築 †
モンスターカードについて †
 肝心の《スターダスト・ドラゴン/バスター》の投入枚数は、1~2枚程度で十分だろう。
 デッキにいなければ特殊召喚できないとはいえ、安易に枚数を増やせばそれだけ手札に来てしまう事故が起こりやすくなる。
 
 《スターダスト・ドラゴン》はシンクロモンスターゆえにデッキを圧迫せず投入できるのでできる限り積むのが理想的。
 また、デッキの性質上、必然的にチューナーを積むことになるので単体で強力なシンクロモンスターを大量に用意しておこう。
 
 このデッキに必要不可欠な《バスター・モード》をサーチできる《バスター・ビースト》は3枚積んでも問題ない。
 サーチ効果以外にも、《スターダスト・ドラゴン/バスター》の特殊召喚の障害・弱点となる《ライオウ》や《死霊騎士デスカリバー・ナイト》と相打ちできる攻撃力を持つので頼もしい。
 《バスター・マーセナリ》の採用も検討できる。
 攻撃力も1800と悪くなく、《増援》にも対応しているので、1・2枚挿しておけば、事故には直結しがたい。
 墓地の《バスター・モード》をデッキに戻し、このデッキの弱点となる《王宮の弾圧》や《王宮のお触れ》を破壊できる。
 《ゾンビキャリア》は、効果で手札に来てしまった《スターダスト・ドラゴン/バスター》をデッキに戻すことが可能。
 直後に《スターダスト・ドラゴン》をシンクロ召喚し、《バスター・モード》を発動させれば、ドローロックも回避できるため、このデッキにとって非常に有用なモンスターと言える。
 
 また、《ファントム・オブ・カオス》も面白い。
 状況に応じて墓地の《バスター・マーセナリ》になって魔法・罠カードを破壊したり、《スターダスト・ドラゴン/バスター》になって伏せカードを気にせずに攻撃したりできるからだ。
 なお、《スターダスト・ドラゴン》になっても《バスター・モード》のコストにはできないため、そこは注意が必要。
 
魔法・罠カードについて †
 《スターダスト・ドラゴン/バスター》の特殊召喚に絶対必要となる《バスター・モード》は3枚積むのが基本。
 但し、手札にだぶつく事故を想定して《バスター・ビースト》の方を3枚積み、このカード自体は2枚だけという選択も十分に考えられる。
 
 また、手札に来てしまった《スターダスト・ドラゴン/バスター》をデッキに戻す手段も考えておく必要がある。
 「/バスター」専用の《バスター・テレポート》や、汎用性の高い《打ち出の小槌》、墓地に落としてからの《貪欲な壺》などがとりあえずは候補に挙がる。
 《軽量化》は何度もデッキにもどすことができる。
 アドバンテージ込みで考えるならば《ゴブリンのやりくり上手》の投入もあり。
 ただし、《ゴブリンのやりくり上手》は1枚のみの投入ではディスアドバンテージにしかならないので、投入するなら【やりくりターボ】のギミックも兼ねて、思い切って3枚投入するのも手。
 ともあれ、投入するか否か、および投入枚数はデッキと相談して慎重に決めよう。
 「デッキに戻す」というだけならば前述の《ゾンビキャリア》だけでも十分とも考えられる。
 
 なお、シンクロモンスターを蘇生できる《ロスト・スター・ディセント》や、《ウィキッド・リボーン》の投入もありだろう。
 効果こそ無効にされてしまうが、《スターダスト・ドラゴン》を蘇生させて、《バスター・モード》のコストにする分には何の問題もない。
 
《スターダスト・ドラゴン》のシンクロ召喚の方法について †
 何より、《スターダスト・ドラゴン》を先にシンクロ召喚しなければ、何も始まらない。
 以下に簡単なシンクロ召喚の方法を記す。
 
《D-HERO ディアボリックガイ》使用型 †
 09/03/01まで、このデッキの中では最もポピュラーなタイプであった。
 
 《D-HERO ディアボリックガイ》を墓地に送り、自身の効果で2体目を特殊召喚。
 レベル2チューナーを召喚し、シンクロ召喚を行い、相手ドローフェイズに《バスター・モード》を発動させる。
 先攻1ターン目から高確率で狙うことができるコンボといえる。
 
 《D-HERO ディアボリックガイ》を墓地に送るには《終末の騎士》や《ダーク・グレファー》、《おろかな埋葬》が適任。
 特に《ダーク・グレファー》ならば《D-HERO ディアボリックガイ》と自身の効果で蘇生できる《ゾンビキャリア》を墓地に送ることができる。
 どちらか片方が手札に存在しているならば2体とも墓地に送れるうえ、《終末の騎士》とともに《増援》にも対応している。
 《クレボンス》と《緊急テレポート》は、《ゾンビキャリア》の効果によるドローロックも防げるので併せて採用したい。
 
 上記で挙げられたモンスターは全て闇属性であることも一つの特徴。
 従って、《闇の誘惑》や《ダーク・アームド・ドラゴン》も無理なく投入できる。
 墓地調整も容易なので、第二のフィニッシャーとして大いに役立つ。
 
 しかし《D-HERO ディアボリックガイ》と《ゾンビキャリア》が09/03/01の制限改訂にて制限強化され、組むのが難しくなってしまった。
 
《召喚僧サモンプリースト》使用型 †
 《召喚僧サモンプリースト》を場に出し、《霞の谷の戦士》または《フレムベル・マジカル》を《召喚僧サモンプリースト》の効果で特殊召喚する。
 この後《バスター・モード》を発動させれば即座に《スターダスト・ドラゴン/バスター》が場に出る。
 しかし《召喚僧サモンプリースト》は9月1日の禁止・制限改定で制限カードになってしまったので、手札に揃えるのがさらに難しくなった。
 そのため、《クリッター》等でサーチするか、他のギミックを用意すべきだろう。
 
《簡易融合》+《緊急テレポート》併用型 †
 根本的な動きは【シンクロ召喚】と相違はないが《スターダスト・ドラゴン/バスター》、《バスター・モード》を採用するため、上記に比べると安定性以上にコンボ色が目立つデッキである。
 とはいえ【シンクロアンデット】であれば、サイドデッキとしてこのタイプを仕込むと圧倒的な制圧力で場をコントロールできた。
 
 しかし《緊急テレポート》が09/03/01の制限改訂にて制限強化され、【シンクロアンデット】共々組むのが難しくなってしまった。
 しかし相方の《簡易融合》は無制限カードなので《フィッシュボーグ-ガンナー》利用型の【水属性】等チューナーを高速で場に出しやすいデッキにはこのタイプは採用の価値がある。
 ただ今となってはこれまで通りの組み合わせとなると【サイキック族】にしか採用出来ない。
また09/03/01以降の環境において唯一このデッキタイプが最も採用の価値が高いタイプとなっている。
 
【フレムベル】型 †
 《フレムベル・ヘルドッグ》から《フレムベル・マジカル》をデッキから特殊召喚、または《真炎の爆発》からレベル4のフレムベルと《フレムベル・マジカル》を墓地から特殊召喚しシンクロ召喚につなげる。
 
 現状ではキーカードに制限がかかっていないため比較的容易なのが強み。
 
《エキセントリック・ボーイ》使用型 †
 《エキセントリック・ボーイ》を使い《スターダスト・ドラゴン》を特殊召喚するタイプ。
 特殊召喚した《スターダスト・ドラゴン》は除外されてしまうが《スターダスト・ドラゴン/バスター》が破壊されることはまずないのでデメリットになりにくい。
 またこのカードとレベル5モンスターを入れるだけでいいので、上記のデッキと合わせることも可能。
 
【墓守】型 †
 《スターダスト・ドラゴン/バスター》と相性が良い 《王家の眠る谷-ネクロバレー》を採用した型。
 切り札である《スターダスト・ドラゴン/バスター》を出すまで各墓守モンスターが前線を担える上、苦手とする《マシュマロン》等の戦闘破壊出来ないモンスターを《墓守の長槍兵》や《墓守の暗殺者》で対処しやすい。
 それに加えて《スターダスト・ドラゴン/バスター》は《王家の眠る谷-ネクロバレー》をあらゆる除去から護り、《王家の眠る谷-ネクロバレー》は《生者の書-禁断の呪術-》や《D.D.クロウ》による墓地からの除外を防げる。
 この強烈なシナジーこそがこの型最大の魅力である。
 チューナーはレベル4の墓守が多くなる事を考えて同じレベル4のモンスターの中から選んでいきたい。魔法使い族サポートカードを共有出来る《フレムベル・マジカル》はお勧めといえる。
 弱点としては《スターダスト・ドラゴン/バスター》が破壊された時に《スターダスト・ドラゴン》を特殊召喚出来ない点と《バスター・マーセナリ》が使いにくくなる点だが、そもそも《スターダスト・ドラゴン/バスター》が破壊されるのは稀なので、あまり気にならないだろう。
 
このデッキの弱点 †
 《スターダスト・ドラゴン/バスター》の効果の性質上、除外されたり特殊召喚を封じられると帰って来られなくなるため、除外デッキや【メタビート】に弱い。
 《次元の裂け目》など魔法・罠カードならば発動を無効にして対処できるが、先に出された場合《スターダスト・ドラゴン/バスター》を出すことさえためらわれる。
 《閃光の追放者》・《フォッシル・ダイナ パキケファロ》に至っては後出しも可能であるため、天敵といえる。
 また、《バスター・モード》を《王宮のお触れ》や《王宮の弾圧》、カウンター罠などで無効にされるとディスアドバンテージが非常に大きい。
 特に、《王宮の弾圧》は《スターダスト・ドラゴン/バスター》の蘇生にも対処できるカードなので、見つけたら何が何でも破壊したい。
 これらのカードへの対策はやはり《バスター・マーセナリ》が有効。
 魔法・罠カードを破壊し、さらに苦手とするモンスターを戦闘破壊することができる。
 
 自身を直接リリースされてしまう《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》・《ヴォルカニック・クイーン》も天敵となる。
また、《E・HERO Great TORNADO》の登場によって、《超融合》を搭載している【E・HERO】には簡単に融合素材にされる様になってしまった。
これらの対策が可能な汎用性の高いカードはないので、防御を固めるより後続の《スターダスト・ドラゴン/バスター 》の特殊召喚を狙う方が得策だろう。
 他にも、戦闘破壊できないモンスター群は《スターダスト・ドラゴン/バスター 》だけでは対処が出来ず、その間に戦列を整えられてしまう。
幸い《レッド・デーモンズ・ドラゴン》は《スターダスト・ドラゴン》と同じレベルなのでシンクロ召喚しやすく、戦闘破壊耐性を持っている守備表示モンスターに非常に有効である。
必ずエクストラデッキには用意しておきたい。
 
 除外や【メタビート】のようなデッキが猛威をふるっているようなら《ゾンビキャリア》との相性もいい《王宮の鉄壁》も十分採用できる。
 ただし、《王宮の鉄壁》を発動した場合は《D-HERO ディアボリックガイ》を墓地で除外できない。
 この場合、《ゾンビキャリア》とレベル4モンスターでレベル6のシンクロ召喚、除外されない《ゾンビキャリア》を再度蘇生という流れでシンクロ召喚すると良いだろう。
 《D-HERO ディアボリックガイ》は《王宮の鉄壁》の発動前に使い切ってしまうのが理想だが、先に発動してしまった場合も手札に来た時に《ゾンビキャリア》の手札コストにしてしまうと良い。
 《バスター・モード》などでデッキをシャッフルすれば、ドローロックは免れる

ブログパーツ
にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ カードゲームへ
ギャルゲー・ブログネットゲーム全般・ブログ遊戯王ONLINE・ブログ
ランキング
遊戯王ONLINE・ブログ ギャルゲー・ブログ ネットゲーム全般・ブログ にほんブログ村 ゲームブログ カードゲームへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ
最新コメント
[08/12 ユウヤ]
[06/15 遊戯王カード総合サイト]
[02/04 ubi]
[11/20 mint]
[11/11 chocochoco]
遊戯王カード
SEO対策2
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

遊戯王本
遊戯王ゲーム
カウンター
ブログパーツ
ページ内ランキング
アクセス解析
SEO対策
BBS7.COM
MENURNDNEXT
track feed 巫女巫女ナースの遊戯王オンライン そもそも遊戯王オンラインとは? 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター )を指したものである。 そしてこのブログは、遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)の攻略方法を紹介するものである。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)のブログは数多くあるが、レート表などを活用されるならば、どうぞご利用ください。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)の主な違いは、デュエル料金が無料か有料かで異なります 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)の良い点は、対戦相手を探す必要がないことです。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)ブログはたくさんあるため色々探してみるのもいいかもしれません。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は制限がOCGとは異なります。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は動画サイトにプレイ動画を上げることが可能です 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は召喚演出があります 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)はPSPやDSに比べて、お金がかかります 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は嵌まると廃人になるかも・・・
コナミスタイルキャンペーン
アマゾンでデュエルパス
アマゾンで検索
アマゾンキャンペーン中
アマゾンの人気商品です アマゾン安売りセール中
プロフィール
HN:
どこかの神様
性別:
非公開
最新トラックバック
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 遊戯王オンライン・MTG(マジック・ザ・ギャザリング)・ヴァイスシュヴァルツ・デュエルマスターズ・ヴァンガードの動画まとめ Some Rights Reserved.
http://yuugioh.blog-rpg.com/Page/7/
忍者ブログ[PR]