忍者ブログ

遊戯王オンライン・MTG(マジック・ザ・ギャザリング)・ヴァイスシュヴァルツの動画をまとめます

2017.08┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
RSS
HOME前項現在のページ次項
2017-08-22-Tue 04:47:59 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010-03-19-Fri 14:12:00 │EDIT



 
 
《カオス・ソーサラー/Chaos Sorcerer》 †
効果モンスター(制限カード)
星6/闇属性/魔法使い族/攻2300/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性と闇属性モンスターを1体ずつゲームから除外して特殊召喚する。
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体をゲームから除外する事ができる。
この効果を発動する場合、このターンこのカードは攻撃する事ができない。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
 混沌を制す者で登場した、闇属性・魔法使い族の特殊召喚モンスター。
 通常召喚できず、自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果、フィールド上の表側表示モンスターを除外する起動効果を持つ。
 
 自分の墓地の光属性と闇属性モンスターをそれぞれ1体ずつゲームから除外する事で特殊召喚できる。
 光属性と闇属性の両方のモンスターを活用するデッキは多く、それらのデッキでは切り札となりうる。
 闇属性のモンスターに加えて《魔導雑貨商人》やライトロードを採用する【ダークモンスター】とは特に相性が良い。
 闇属性と光属性のモンスターが主力を務める【魔法使い族】でも採用でき、自身も魔法使い族であることからシナジーがある。
 また、この2つの属性には、《クリッター》や《サイバー・ドラゴン》など汎用性の高いカードが多い。
 したがって、【スタンダード】にも採用が検討できるだろう。
 しかし、現在このカードは制限カードであり、このカードを投入するためだけに無理をして【闇属性】に光属性モンスターを入れたり、【光属性】に闇属性モンスターを入れたりするのは好ましくない。
 
 自分のターンに1度、攻撃をしない代わりにフィールド上のモンスターをノーコストで除外することができる。
 破壊効果なら防げる《ネフティスの鳳凰神》・《スターダスト・ドラゴン》や戦闘耐性持ちのモンスターも簡単に除去でき、しかも除外であるため蘇生さえも封じることができる。
 このモンスターを特殊召喚した時に優先権を放棄せず発動すれば、ほぼ間違いなくモンスター1体を除去する事できるため、強力な効果と言えるだろう。
 ただし、《オベリスクの巨神兵》など、対象をとる効果に耐性を持つモンスターは除去できない。
 
 この効果を使う場合は攻撃が封じられてしまうため、効果を使うか、攻撃を行うかは状況によって判断したい。
 除外効果は攻撃を介さないため罠カードに妨害されず、除外であるため墓地利用も封じることができ、さらにはステータスに関係なく除去が可能である。
 だが、裏側守備表示のモンスターには発動できず、相手に戦闘ダメージを与えることもできない。
 そのため、相手フィールド上に裏側守備表示のモンスターしか存在しない、あるいは直接攻撃できる状況なら攻撃を選ぶことになるだろう。
 相手が表側表示のモンスターを出している場合でも、多大な戦闘ダメージを見込むことができ、罠カードや墓地の利用を受ける危険も少ない状況なら攻撃した方が良い。
 
 通常召喚権が残ることを利用し、除外効果を発動後にリリース要員やシンクロ素材とする手も有効である。
 「アタッカー」として、「消費しない除去カード」として、「アドバンス召喚及びシンクロ召喚のサポート」として、様々な運用が可能なカードである。
 
 また、この手の特殊召喚モンスターに珍しく、蘇生制限を満たせば《リビングデッドの呼び声》・《ダーク・クリエイター》・《マジカル・コンダクター》などで特殊召喚が可能というメリットを持つ。
 しかし、同時に《ゴヨウ・ガーディアン》などで奪われてしまい、守備力も高めのため悲惨なことになる危険性も孕んでいる。
 
このカードがEXPERT EDITION Volume.2でエラッタされる前は、除外効果を1ターンに何度でも発動できるとも取れるテキストだった。
しかし、実際の裁定では1ターンに1度のみとなっていた。
除去からシンクロ召喚に繋げるコンボは非常にお手軽かつ強力。
《ダークエンド・ドラゴン》をシンクロ召喚すればさらなる除去が可能。
《王宮の鉄壁》や《霊滅術師 カイクウ》は天敵となる。
これを発動されると、手札にある場合特殊召喚ができなくなり特殊召喚後に発動された場合バニラ同然のカードになってしまう。
海外版ではその強力な効果からか、ウルトラレアに格上げされている。
初登場時は《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》の下位互換と見られ、あまり活躍はしていなかった。
だが06/03/01以降利用者が増えはじめ、2006年の選考会でも多用され、次第にエンドカードレベルまで登り詰めつつあった。
そして06/09/01の制限改訂により禁止カードとなる。
その直後には《天魔神 エンライズ》や《氷炎の双竜》などこのカードの調整版ともいえるカードが登場し、当時は復帰はないかと思われた。
だが、その後《ダーク・アームド・ドラゴン》や《裁きの龍》などの、専用デッキさえ組めばこのカードより出しやすく破壊力も大きいカードの登場など環境の変化の影響もあり、09/03/01に制限復帰した。
その後、09/09/01の改訂で準制限カードに緩和されたことにより、活躍が期待されていた。
しかし今度は【ライトロード】等で地味ながらも確実にアドバンテージを稼ぎ、シンクロ召喚にも繋げることの出来るカードとして多用された。
いかんせん汎用性が高かったためか、10/03/01の改訂では再び制限カードになってしまった。
《裁きの龍》を規制せずに【ライトロード】を弱体化させるための規制とも取れる。
原作・アニメにおいて―
GX異世界編にて、覇王十代の側近五人衆の一人として登場。
ヘルカイザー亮とデュエルし《究極完全態・グレート・モス》を召喚したが、そのためにかなりのカードとライフポイントを犠牲にしたらしく、他のカードが無く、残りライフ500の状態で召喚された《サイバー・エンド・ドラゴン》の攻撃によって敗れ去った。
除去カードをほとんど使用しないヘルカイザー亮が相手だったとしても、《究極完全態・グレート・モス》を出したのだから、腕は相当だろう。
ちなみに、《究極完全態・グレート・モス》とこのカードとの関連性は特にない。
コナミのゲーム作品において―
「SPIRIT SUMMONER」では、ゲーム中最も入手が困難なカード。
出現率が熾烈なまでに低い《ブラック・マジシャン・ガール》から貰うしか入手方法がなく、入手確率もかなり低い。
更には同じ確率の《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》と違い、「NIGHTMARE TROUBADOUR」からのコピーもできないという、ある意味究極のレアカードである。
 
【カオス】 †
【カオス】
デッキの概要
デッキの変遷
03/04/24~03/07/01
03/07/01~03/10/15
03/10/15~04/03/01
04/03/01~04/09/01
04/09/01~05/03/01
05/03/01~05/09/01
05/09/01~06/03/01
06/03/01~06/09/01
06/09/01
09/03/01
09/09/01
10/03/01
デッキのパターン
【ビートカオス】
【ウイルスカオス】
【戦士カオス】
【マジシャンカオス】
【変異カオス】
【ターボカオス】
【リクルーターカオス】
【雑貨貪欲カオス】
【ダークカオス】
【未来カオス】
サンプルレシピ
代表的なカード
関連リンク
デッキの概要 †
 《混沌帝龍 -終焉の使者-》や《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》、もしくは《カオス・ソーサラー》を切り札としたビートダウン。
 デッキ構成は上記の3体の召喚条件を満たすために闇属性・光属性のモンスターが中心になっている。 
 闇属性・光属性のモンスターには強力なモンスターが多く、多数の派生を生み出した。
 
 Vジャンプにて「基本に忠実なデッキタイプ」と形容されたことがある。
 【ガジェット】と比較してのことであろうが、過去にあまりにも猛威を振るいすぎたこのデッキはお世辞にも基本に忠実とはいえない。
 
06/09/01に「カオス」モンスターは全て禁止カードに指定されデッキ構築は不可能になってしまった。
しかし09/03/01で《カオス・ソーサラー》のみ制限復帰。
さらに09/09/01では準制限カードへと制限緩和されたが、10/03/01にて再び制限カードに指定された。
《混沌帝龍 -終焉の使者-/Chaos Emperor Dragon - Envoy of the End》
効果モンスター (禁止カード)
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性と闇属性モンスターを1体ずつゲームから除外して特殊召喚する。
1000ライフポイントを払う事で、
お互いの手札とフィールド上に存在する全てのカードを墓地に送る。
この効果で墓地に送ったカード1枚につき相手ライフに300ポイントダメージを与える。
《カオス・ソルジャー -開闢の使者-/Black Luster Soldier - Envoy of the Beginning》
効果モンスター (禁止カード)
星8/光属性/戦士族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性と闇属性モンスターを1体ずつゲームから除外して特殊召喚する。
自分のターンに1度だけ、次の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●フィールド上に存在するモンスター1体をゲームから除外する。
この効果を発動する場合、このターンこのカードは攻撃する事ができない。
●このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
もう1度だけ続けて攻撃を行う事ができる。
《カオス・ソーサラー/Chaos Sorcerer》
効果モンスター (制限カード)
星6/闇属性/魔法使い族/攻2300/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性と闇属性モンスターを1体ずつゲームから除外して特殊召喚する。
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体をゲームから除外する事ができる。
この効果を発動する場合、このターンこのカードは攻撃する事ができない。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
 「混沌を制す者」の発売以前に流行していた【スタンダード】の核は《黒き森のウィッチ》や《クリッター》等の闇属性モンスターである。
 さらに、攻守共に万能な《異次元の女戦士》等の光属性モンスターにも優秀なカードが多かった。
 つまり、当時の【スタンダード】のモンスターは闇属性と光属性に偏り、「切り札」しかも最高のフィニッシャーを得たわけである。
 最も安定していた当時最高のデッキに桁外れな能力・効果を持ったモンスターが問題なく投入できた。
 それこそが【カオス】が流行し、メタゲームの中心にあった最大の原因であったと言える。
 ただし、【スタンダード】には安定性で若干劣るため、【スタンダード】では様々な対策法がなされていった。
 いわゆるアンチ【カオス】として【ノーカオス】が生まれることになる。
 
 その後【カオス】の台頭を抑えるためか、さまざまな優秀光属性・闇属性モンスターが禁止・制限カードに指定されていった。
 その数は《混沌帝龍 -終焉の使者-》・《黒き森のウィッチ》・《魔導サイエンティスト》・《異次元の女戦士》などカード名を挙げればきりがない。
 そして05/09/01の制限改訂では、もう1人の使者、《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》も禁止カードになった。
 ついには《カオス・ソーサラー》までもが06/09/01の制限改訂で禁止カードになった。
 
 猛威を振るい続けた【カオス】を忘れさせるかのごとく、長らくカオスモンスターは全て禁止されていた。
 が、なんと《カオス・ソーサラー》が帰ってきた。
 09/03/01の制限改訂で制限カードに復帰し、2年半振りに【カオス】は復活した。
 
 しかし、環境が禁止以前と変わっているため、今の所目立った様子はない。
 そもそも《カオス・ソーサラー》1枚では、デッキとして成り立たないのである。
 
 09/09/01の制限改訂で準制限カードに制限緩和され、《ダーク・アームド・ドラゴン》とともに【スタンダード】に投入する形で【カオス】が存在していた。
 しかし、10/03/01にて再び《カオス・ソーサラー》が制限カードになってしまった。
 シンクロ召喚に非常に便利であるからだろうか。
 
デッキの変遷 †
03/04/24~03/07/01 †
 「混沌を制す者」発売によりカオスモンスター3種が登場。
 当時は《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》・《混沌帝龍 -終焉の使者-》から【使者】と呼ばれることが多かった。
 当初は旧来の【スタンダード】に光属性・闇属性モンスターが多かったことからすんなりと採用された。
 【スタンダード】に特に細工をくわえずにカオスモンスターを投入したデッキは【使者スタンダード】などと呼ばれた。
 
03/07/01~03/10/15 †
 制限改訂で《混沌帝龍 -終焉の使者-》は早くも制限カードになった。
 《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》は無制限カードであり、デッキの主力となる。
 
03/10/15~04/03/01 †
 制限改訂で《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》がようやく制限カードになる。
 《魔導サイエンティスト》も制限カードになっている。
 
04/03/01~04/09/01 †
 制限改訂をそのまますり抜けたが、環境のパワー化に併せて《死のデッキ破壊ウイルス》が流行した。
 攻撃力1500以下をメインにした【リクルーターカオス】(初期型・後の同名デッキとは構成が違う)が登場。
 【ミーネ・ウイルス】もこの時期だがそれにすら【カオス】は融合して【ウイルスカオス】となる。
 また当時無制限カードであった《第六感》を3枚入れたものは【六感使者】と呼ばれた。
 このデッキは大会でも猛威を振るったため、特にこのデッキを指して遊戯王は「サイコロゲー」と揶揄された。
 
04/09/01~05/03/01 †
 制限改訂で《混沌帝龍 -終焉の使者-》が禁止カードとなるが、まだまだ【カオス】の全盛期は続いた。
 《黒き森のウィッチ》・《クリッター》の禁止カード化によりサーチカードが減少し、《増援》採用の【戦士カオス】も現れた。
 《混沌帝龍 -終焉の使者-》が禁止カードになった頃から【使者スタンダード】は【開闢スタンダード】とも呼ばれ始める。
 また《第六感》・《死のデッキ破壊ウイルス》の制限カード指定も特に影響なし。
 
05/03/01~05/09/01 †
 《異次元の女戦士》が制限カードになったものの、《心変わり》の禁止カード指定はよって結果的に《聖なる魔術師》復権へつながった。
 また、全体除去の減少等により《スケープ・ゴート》が環境に溢れ返ることになった。
 その後《突然変異》と《月読命》をからめた【カオス】全盛期最後の姿である【変異カオス】が台頭する。
 さらにCYBERNETIC REVOLUTION発売により《サイバー・ツイン・ドラゴン》など大型フィニッシャーも追加され環境の最高勢力となる。
 
05/09/01~06/03/01 †
 制限改訂で【変異カオス】のキーカードがことごこく規制され更には《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》も禁止カードとなる。
 当初は《カオス・ソーサラー》には実績が少なく05の選考会で勝ち上がった【除去ガジェット】に確実に押されると見られていた。
 しかし、《貪欲な壺》によって【リクル貪欲カオス】や【雑貨貪欲カオス】のデッキが生まれた。
 前者は攻撃力1400のリクルーターを使い、後者はモンスターの展開でガジェットに対抗した。
 終盤には「ENEMY OF JUSTICE」には大量の除外系カードが収録されたが、【カオス】そのものに大きな影響は無かった。
 
06/03/01~06/09/01 †
 《貪欲な壺》が制限カードになったことで【雑貨貪欲カオス】は消滅。
 《天使の施し》と暗黒界をまぜガジェット対策になる《魔のデッキ破壊ウイルス》を打ちやすくした【ダークカオス】が登場。
 しかし、【バブーン】【未来オーバー】が台頭していたことから選考会で上位に入ったのは《閃光の追放者》入りの【ビートカオス】だった。
 
06/09/01 †
 そして06/09/01にて遂に《カオス・ソーサラー》が無制限カードから一気に禁止カードになった。
 
 さらに時が過ぎ《混沌帝龍 -終焉の使者-》と《カオス・ソーサラー》のリメイクに近い《天魔神 ノーレラス》・《天魔神 エンライズ》が登場することになった。
 
09/03/01 †
 06/09/01の2年半後の09/03/01にて、遂に《カオス・ソーサラー》が制限カードへと制限緩和された。
 しかし、1枚投入されるだけでそのデッキを強大なものに変えた《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》とは制圧力の面で劣り、そのためかシンクロ召喚や《ダーク・アームド・ドラゴン》など環境の最前線のギミックやカードを補助する存在としての色合いが強く、三枚積み時代のように《カオス・ソーサラー》の特殊召喚にのみ重点を置くような純正の【カオス】と呼べるようなデッキ構築は今のところ存在しない様子である。
 
09/09/01 †
 前回の09/03/01にて、目立った働きをしなかったせいか《カオス・ソーサラー》がさらに準制限カードへと制限緩和された。
 1枚投入されるだけでは【カオス】といえなかったが、今回の改訂で準制限カードへと制限緩和され、同時によい墓地コストである《魔導戦士 ブレイカー》・《異次元の女戦士》が制限解除されてることもあいまって全盛期には遠く及ばないものの【カオス】と呼べるようなデッキ構築ができるようになったといえる。
 また、ブランクの間にライトロードという墓地肥やしのスペシャリストや優秀な闇属性モンスターも多数登場している。
 3年前とは環境も大きく変わっており、どのような【カオス】デッキが登場するのか注目される。
 
10/03/01 †
 【ライトロード】で多用されたためか、《カオス・ソーサラー》が再び制限カードへと舞い戻る。
 細かいところで光属性も闇属性も規制されてしまったので、半年前よりは組みにくくなった。
 しかし、緩和されたカードも存在するので、構築は決闘者の腕の見せどころといったところか。
 
デッキのパターン †
【ビートカオス】 †
 【使者スタンダード】【開闢スタンダード】【カオス・スタンダード】とも呼ばれたデッキ。
 攻撃力が1500以上の光属性・闇属性モンスターを中心に組まれた【カオス】。【リクルーターカオス】とは対を成す。
 初期は《霊滅術師 カイクウ》・《イグザリオン・ユニバース》・《異次元の女戦士》などがよく使われた。
 後期になると《サイバー・ドラゴン》・《死霊騎士デスカリバー・ナイト》・《閃光の追放者》などがアタッカーの代表として使われた。
 なお、日本代表最終選考会2006ではこれを特化したデッキがベスト4(日本代表)になった。
 
【ウイルスカオス】 †
 《死のデッキ破壊ウイルス》を複数枚搭載した【カオス】の総称。
 デッキとして活躍した時期は【ミーネ・ウイルス】と一緒である。
 このカードが流行していた当時は、攻撃力1500以上は生き辛い環境だった。
 
【戦士カオス】 †
 【戦士族】+【カオス】。
 《増援》を軸にして闇属性や光属性の戦士族モンスターをサーチする【カオス】。
 サーチ対象は《異次元の女戦士》・《ブレイドナイト》・《忍者マスター SASUKE》・《首領・ザルーグ》などが中心だった。
 《異次元の女戦士》の制限カード指定と《サイバー・ドラゴン》の登場で戦士族にこだわる意味が薄れ衰退した。
 
【マジシャンカオス】 †
 【魔法使い族】+【カオス】。
 《見習い魔術師》を軸に《聖なる魔術師》・《ものマネ幻想師》・《執念深き老魔術師》等を採用。
 同じく魔法使い族である、《カオス・ソーサラー》をフィニッシャーにして戦う。
 
【変異カオス】 †
 【変異】+【カオス】。
 《サウザンド・アイズ・サクリファイス》と《月読命》のコンボでモンスターを除去し続けるデッキ。
 闇属性と光属性のモンスターで固めてあったが、【カオス】らしいのは《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》1枚だけだった。
 
【ターボカオス】 †
 何らかのターボギミックを搭載した【カオス】の総称。
 
【リクルーターカオス】 †
 【リクルーター】+【カオス】。
 初期型では《キラー・トマト》と《シャインエンジェル》が中心のリクルーター。
 《見習い魔術師》の裁定変更と《貪欲な壺》の登場により台頭し、以降に登場した墓地依存の【カオス】の基盤になった。
 
【雑貨貪欲カオス】 †
 【雑貨貪欲ターボ】+【カオス】。
 《貪欲な壺》を3枚積むためのデッキであり、《魔導雑貨商人》の墓地肥やしが特徴的。
 モンスターの比重が大きかったため、基盤は【リクルーターカオス】だった。
 特殊召喚と《強欲な壺》・《貪欲な壺》のサーチが得意。
 
【ダークカオス】 †
 【暗黒界】+【カオス】+【闇属性】。
 《天使の施し》・《手札抹殺》・《メタモルポット》の威力を高めた【カオス】。
 《暗黒界の軍神 シルバ》・《暗黒界の武神 ゴルド》の存在によって、《魔のデッキ破壊ウイルス》を撃ちやすいことが特徴。
 
【未来カオス】 †
 《未来融合-フューチャー・フュージョン》を使い、墓地に闇属性・光属性を用意する【カオス】。
 06/05/30頃のコナミの公式裁定により《未来融合-フューチャー・フュージョン》で融合素材代用モンスターを選択できなくなった。
 これにより、組むことは不可能ではないものの大幅に弱体化し、実質消滅する形となってしまった。
 
 
 

遊☆戯☆王オンライン デュエルアクセラレーター ブログパーツにほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ カードゲームへ
ギャルゲー・ブログネットゲーム全般・ブログ遊戯王ONLINE・ブログ
PR
2010-03-11-Thu 20:20:27 │EDIT




《マシンナーズ・フォース/Machina Force》 †
効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻4600/守4100
このカードは通常召喚できない。
「督戦官コヴィントン」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。
このカードは、1000ライフポイント払わなければ攻撃宣言をする事ができない。
フィールド上に存在するこのカードを墓地へ送る事で、
自分の墓地から「マシンナーズ・ソルジャー」「マシンナーズ・スナイパー」
「マシンナーズ・ディフェンダー」をそれぞれ1体ずつ選択して特殊召喚する。
 PREMIUM PACK 9で登場した地属性・機械族の特殊召喚モンスター。
 《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》によく似た性質を持つが、召喚条件はこちらの方が厳しく、「合体→分離→蘇生」の一斉攻撃をする事ができない。
 フィールド上に決められたモンスターを4体も揃える必要があり、その姿は簡単には拝めないだろう。
 加えて、苦労して特殊召喚しても、攻撃するのにライフコストを要求するデメリットアタッカーである。
 
 素材を少しでも揃えるために《召喚僧サモンプリースト》、展開を早めるために《血の代償》を採用したい。
 《次元幽閉》《聖なるバリア-ミラーフォース-》など除去カードを回避するために《サイバー・フェニックス》《我が身を盾に》なども採用したい。
 《サイバー・フェニックス》は対象をとる効果しか防げず、《地砕き》《奈落の落とし穴》などには無力だが、単体でも機能するのは評価点。
 マシンナーズはいずれも地属性なので《地霊術-「鉄」》で特殊召喚に必要なマシンナーズをフィールド上に揃える事もできる。
 また、このカードを出す事を考えずに《マシンナーズ・フォートレス》専用の蘇生カードとしての運用もできなくない。
 他のレベル8以上の機械族でも同様の事はできるが、このカードは《マシンナーズ・ギアフレーム》でサーチできるので他の最上級の機械族より手札に加えやすくなっている。
 
 《召喚僧サモンプリースト》《リミッター解除》のデメリットも、合体・分離後なら影響は無い。
 合体と分離を繰り返す事で、《生還の宝札》によって繰り返しカードをドローする事もできる。
 しかし、合体にこぎつけるまでに手間が掛かるため、実際に成立させるのは難しい上に、現在は《生還の宝札》が禁止カードである。
 
 【未来オーバー】で使われるコンボ《未来融合-フューチャー・フュージョン》+《オーバーロード・フュージョン》でデッキの機械族は全て除外できる。
 その後、《次元融合》(現禁止カード)で《マシンナーズ・ソルジャー》らを特殊召喚することで、このモンスターの即時特殊召喚も可能となる。
 もっとも《キメラテック・オーバー・ドラゴン》だけで十分決着が着く。
 
固定の攻撃力を持つモンスターで《強者の苦痛》を3枚と《王虎ワンフー》とのコンボを受けても破壊されないモンスターの一体。
他には《マスター・オブ・OZ》、《レインボー・ネオス》が存在する。
尤も《ホルスの黒炎竜 LV6》などはこの限りではないのだが。
このカードの最大の特徴は、メインデッキに投入可能な(=手札に持つことができる)モンスターの中で最高の攻撃力と守備力を誇る点。
機械族では攻撃力と守備力共に最高値を誇り、そのどちらもが《青眼の究極竜》をも凌ぐ点も注目された。
ちなみに攻撃力と守備力は合体する3体の攻撃力と守備力の合計値である。
このカードを本気で活用するならば、手早く墓地に送り《ファントム・オブ・カオス》でコピーする事になるだろう。
ライフコストがあるとはいえ、大体のモンスターを戦闘破壊した後、3体ものモンスターを展開する事ができれば申し分ない。
原作・アニメにおいて―
遊戯王Rの「遊戯vsカーク・ディクソン」でディクソンが使用。
Rで登場した時は他の合体モンスターと同じくこのカード自体は存在せず、合体形態のみ存在する。
最終的には《督戦官コヴィントン》の効果を無効にされる事によって分離させられ《ブラック・マジシャン・ガール》に倒されている。
攻撃名は「マシンナックル」。
ライフルを持っているのになぜか肩パーツで殴る。
 
 
《マシンナーズ・スナイパー/Machina Sniper》 †
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1800/守 800
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
「マシンナーズ・スナイパー」以外の「マシンナーズ」と名のついた
モンスターを攻撃する事ができない。
 PREMIUM PACK 9で登場した地属性・機械族の下級モンスター。
 高い攻撃力を誇り、このカードがある限り他のマシンナーズたちを相手モンスターの攻撃から守る事ができる。
 《マシンナーズ・ソルジャー》から特殊召喚し、一気に畳み掛けたいところだ。
 
 とは言え、攻撃力1800以上のアタッカーの数は多く、戦闘によって破壊される事も珍しくないため、過信は禁物。
 《マシンナーズ・フォース》を特殊召喚したいのであれば、可及的速やかに残りのマシンナーズをフィールド上に揃える必要がある。
 
 ちなみにこのカードをコントロール転移すれば擬似的なロックをかけることが出来る。
 もっともアドバンス召喚やシンクロ召喚であっさりと解除されるのだが。
 
他のマシンナーズを攻撃対象にさせないだけで、攻撃を止める事はできないので注意。
類似した効果に《切り込み隊長》や《マジシャンズ・ヴァルキリア》などが存在するが、それらは2体同名カードを並べれば相手の直接攻撃可能なモンスターの攻撃以外の相手モンスターの攻撃をシャットアウトする事ができた。
しかしこのカードは「《マシンナーズ・スナイパー》以外の」と条件を定めているため、それを行う事ができないからだ。
他のマシンナーズを攻撃対象にできない効果は自分にも適用される。
【マシンナーズ】同士のミラーマッチでも苦戦を強いられる事になるだろう。
原作・アニメにおいて―
遊戯王Rの「闇遊戯vsカーク・ディクソン」戦においてカークが使用。
魔法カード《同胞の絆》により特殊召喚され、他のマシンナーズモンスターと合体して《マシンナーズ・フォース》となった。
原作では通常モンスターであった。
アニメ5D'sでは、元タッグデュエリストの雑賀と、その元パートナーのユージのフェイバリットカードとして登場。
事故に巻き込まれたユージが命からがら回収したのだが、既にカードはボロボロになっていた。
雑賀は、自分の元に送られたこのカードを絶縁状代わりだと解釈していたのだが…。
この回想シーンで雑賀は「ダイレクトアタック!」と叫んでいたが、明らかにモンスターを戦闘破壊している。
コナミのゲーム作品において―
DSソフト「遊戯王 5D's STARDUST ACCELERATOR -WORLD CHAMPIONSHIP 2009-」では、アニメの再現として雑賀の部屋に置いてあるのだが、なんと主人公が取得するカードとしてかばんに入れることができてしまう。
 
 
 
 
 
【マシンナーズ】 †
【マシンナーズ】
説明
デッキ構築に際して
マシンナーズモンスターについて
このデッキと相性がいいモンスター
このデッキと相性がいい魔法・罠カード
このデッキの派生
《マシンナーズ・フォース》採用型
このデッキの弱点
代表的なカード
関連リンク
説明 †
 PREMIUM PACK 9にて登場したマシンナーズモンスターを軸にした、【機械族】のビートダウンデッキ。
 PREMIUM PACK 9が発売された当時は、統一意義であった《マシンナーズ・フォース》の性能の悪さからあまり見向きされなかったが、《マシンナーズ・フォートレス》や《マシンナーズ・ギアフレーム》、そして機械族サポートカードの登場によって大幅に強化された。
 
 ガジェットが採用される点や、切り札である《マシンナーズ・フォートレス》の特殊な性能から、【メタビート】のような側面を持つデッキともいえる。
 
《マシンナーズ・フォートレス/Machina Fortress》
効果モンスター
星7/地属性/機械族/攻2500/守1600
このカードは手札の機械族モンスターを
レベルの合計が8以上になるように捨てて、
手札または墓地から特殊召喚する事ができる。
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。
また、自分フィールド上に表側表示で存在する
このカードが相手の効果モンスターの効果の対象になった時、
相手の手札を確認して1枚捨てる。
《マシンナーズ・ギアフレーム/Machina Gearframe》
ユニオンモンスター
星4/地属性/機械族/攻1800/守   0
このカードが召喚に成功した時、
自分のデッキから「マシンナーズ・ギアフレーム」以外の
「マシンナーズ」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に装備カード扱いとして
自分フィールド上の機械族モンスターに装備、
または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。
装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。)
《マシンナーズ・ピースキーパー》
ユニオンモンスター
星2/地属性/機械族/攻 500/守 400
フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分のデッキからユニオンモンスター1体を手札に加える事ができる。
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に装備カード扱いとして
自分フィールド上の機械族モンスターに装備、
または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。
装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。)
デッキ構築に際して †
マシンナーズモンスターについて †
 下級マシンナーズの中でも一際強力な効果を持つ《マシンナーズ・ギアフレーム》はまず三枚積みが確定といえる。
 召喚するだけでハンド・アドバンテージを稼ぐことが出来るうえ、アタッカーとしても機能するため非常に強力。
 特にキーカードである《マシンナーズ・フォートレス》をサーチできるのは大きい。
 既に墓地に《マシンナーズ・フォートレス》が存在するならば、《マシンナーズ・フォース》をサーチすることで、手札を一切消費せず特殊召喚に繋ぐことさえ出来る。
 
 《マシンナーズ・ソルジャー》は、上級モンスターである《マシンナーズ・フォートレス》の特殊召喚を容易に行うことが可能。
 ただし通常召喚時にのみ効果が発動する《マシンナーズ・ギアフレーム》とはやや相性が悪いため、採用する場合は1~2枚というところだろう。
 《マシンナーズ・スナイパー》はアタッカークラスの攻撃力を持つものの、既に下級アタッカーには《マシンナーズ・ギアフレーム》が存在することもあり、採用は見送るか、採用するにしても1~2枚が無難なところ。
 他の下級マシンナーズについてであるが、《マシンナーズ・ギアフレーム》をサーチできる《マシンナーズ・ピースキーパー》が比較的優良である。
 任意効果とはいえあらゆる破壊に対応するため、適当にセットしておくだけでも優秀であり、ユニオンであるため《ゲットライド!》とのコンボも狙える。
 《督戦官コヴィントン》と《マシンナーズ・ディフェンダー》に関しては、《マシンナーズ・フォース》が貧弱であるゆえ採用は控えた方が良い。
 
 上級マシンナーズについてであるが、《マシンナーズ・フォートレス》は《マシンナーズ・ソルジャー》や自身の効果で比較的簡単にフィールドに出せる事、効果が優良な事から是非三枚積みたいところ。
 また《マシンナーズ・フォース》はその厳しい召喚条件と、デメリット持ちの効果から敬遠されやすいのだが、注目すべきはそのレベルの高さだろう。
 このカード1枚を捨てるだけで《マシンナーズ・フォートレス》を蘇生できるため、さながら《マシンナーズ・ギアフレーム》でサーチ可能な《死者蘇生》のように機能する。
 以上のことから、いっそ特殊召喚は諦め、《マシンナーズ・フォートレス》の蘇生を目的として数枚積むのがベストであるといえるだろう。
 《マシンナーズ・フォース》の特殊召喚を狙うとなるとややファンデッキ寄りになってしまうが、その圧倒的な攻撃力はフィニッシャーとして充分であり、いざとなれば分離も出来るので、専用デッキを組んでみるのも面白い。
 
このデッキと相性がいいモンスター †
《サイバー・フェニックス》
自身を含めた機械族モンスターに対象を取る魔法・罠カードへの耐性を付与できる上、戦闘破壊されて墓地に送られる事で一枚ドロー出来るモンスター。
全てのマシンナーズは機械族故に強く恩恵を受けられるだけではなく、《一族の結束》の邪魔をしないのは評価出来る。
ただし炎属性故に《機甲部隊の最前線》、《ガイアパワー》の恩恵を受けられない点は考慮したい。
《オイルメン》
ユニオンモンスターであり、相手モンスターの戦闘破壊がトリガーのドロー効果を付加出来る。
《マシンナーズ・ピースキーパー》や《機械複製術》とのシナジーは抜群であり、《機甲部隊の最前線》で簡単に出せるので、どの軸の【マシンナーズ】にも採用しやすいであろう。
地属性のチューナー
《ガイアパワー》の恩恵を受けられ、各下級マシンナーズと組み合わせる事でレベル5~8のシンクロモンスターを出す事が出来る。
マシンナーズは全て地属性なので、地属性チューナーさえ用意すればナチュルシンクロモンスターを出せるのは他のデッキには無い利点である。
例を挙げればレベル4のマシンナーズと《X-セイバー パロムロ》等のレベル1地属性チューナーで《ナチュル・ビースト》や各レベル5シンクロモンスターをシンクロ召喚したり、 
《マシンナーズ・フォートレス》とレベル1地属性チューナーで各レベル8シンクロモンスターをシンクロ召喚したりする事が出来る。
デッキに柔軟性を与える反面、《一族の結束》等一部カードと相性が悪いのには注意したい。
ただし《クイック・スパナイト》ならば《一族の結束》とも相性がよく、《機甲部隊の最前線》により召喚も容易。
ガジェット一式
その効果により手札の消耗を抑えることができ、様々な機械族サポートカードとのシナジーがある。
さらに《スクラップ・リサイクラー》を採用するのならば再利用効果を最大限に活かせるうえ、このデッキと相性の良い《貪欲な壺》とも見事にシナジーしている点は素晴らしい。
前線を任せたり、《マシンナーズ・フォートレス》のコスト、シンクロ素材に使えるので、出来るなら複数枚積みたい。
《スクラップ・リサイクラー》
機械族版《終末の騎士》ともいえる効果と、ある条件を満たす事で行われるドロー効果を持っている。
デッキの特性上機械族・地属性モンスターが多いので、ドロー効果が狙いやすく、《機甲部隊の最前線》によりマシンナーズ以外にもガジェットやアンティーク・ギアとも相性がいい。
デッキの潤滑油として活躍を期待出来るだろう。
《シュレツダー》
手札の機械族をコストにモンスター除去を行える。
《一族の結束》の邪魔をせず、手札に余りがちなガジェットや下級マシンナーズをコストにして相手の低レベルモンスターを破壊出来るのは強力である。
墓地に置かれても問題ない《マシンナーズ・フォートレス》、《古代の機械巨竜》とのシナジーは抜群なので、デッキによっては強力な除去エンジンとして活用出来るだろう。
《巨大ネズミ》
戦闘破壊される事によって攻撃力1500以下のマシンナーズをリクルート出来る。
その効果で《督戦官コヴィントン》をリクルートして《マシンナーズ・フォース》召喚の手助けをしたり、地属性チューナーによるシンクロ召喚の補助を狙いたい。
《強化支援メカ・ヘビーウェポン》
各マシンナーズに攻撃力と守備力の強化と、一度だけの耐性効果を付加するユニオンモンスター。
闇属性なのでこのデッキだと《機甲部隊の最前線》からリクルート出来ないのは残念だが、《機械複製術》や《マシンナーズ・ピースキーパー》に対応し、効果は優秀なので【ユニオン】軸の【マシンナーズ】に採用するといいだろう。
《ギガンテス》
墓地に落ちた各マシンナーズや《巨大ネズミ》をコストに特殊召喚出来る。
しかし種族とその効果により、後記する全体強化カードのどちらとも相性が悪い為、よほど特殊な構成にしない限りは採用しない方が無難。
アンティーク・ギア全般
マシンナーズと同じ属性と種族故、様々な機械族サポートカードと地属性サポートカードの恩恵を受けられる。
《古代の機械巨人》と《古代の機械巨竜》の存在から《機甲部隊の最前線》と《マシンナーズ・フォートレス》もはるかに使いやすくなり、デッキの打点も上がる。
複合型においてはマシンナーズを強力にサポートしてくれるだろう。
《サイバー・エルタニン》
属性は違い、高攻撃力は期待できないが《マシンナーズ・フォートレス》の特殊召喚に役立つ。
また、2枚目以降は墓地の同名カードを除外することで強力な除去カードとして運用できる。
除去を補う場合に採用する場合はフル投入したい。
このデッキと相性がいい魔法・罠カード †
未だにマシンナーズ専用のサポートカードは登場していない。
その為、制限カード等の汎用性が高い魔法・罠カード、そして下記のカードの中からデッキに合わせたものを採用していきたい。
 
《貪欲な壺》
墓地に落ちたガジェット一式や《マシンナーズ・ギアフレーム》などを回収することで態勢を立て直すことが出来る。
《スクラップ・リサイクラー》や《機甲部隊の最前線》、《巨大ネズミ》といったこのデッキと相性の良いカードともシナジーしているため、特殊なコンボを意識せずとも1~2枚、デッキタイプによっては3枚積んでも構わない。
《機甲部隊の最前線》
リクルートによってフィールド上にモンスターが残りやすくするだけではなく、《マシンナーズ・フォース》の素材モンスターを用意しやすくする事が出来る。
そのままでも使いやすいが、《マシンナーズ・フォース》やアンティーク・ギアを採用する時には特に重要なカードとなるだろう。
《リミッター解除》
言わずと知れた機械族の優秀なサポートカードである。
攻撃後に分離が出来る《マシンナーズ・フォース》、デメリット効果を肩代わり出来る《強化支援メカ・ヘビーウェポン》とのシナジーは抜群であり、最後のとどめにも使えるので、必須カードと言える。
《ガイアパワー》
全体的に攻撃力が低いマシンナーズの全体強化を行ってくれるフィールド魔法。
《テラ・フォーミング》でサーチが出来、魔法&罠カードゾーンを圧迫せず、簡単に全体強化が出来るものの、相手を強化するリスクもある。
《一族の結束》とどちらを取るかはデッキ構築次第だろう。
《一族の結束》
《ガイアパワー》以上の全体強化を行ってくれる永続魔法。
《マシンナーズ・フォートレス》が《裁きの龍》などを戦闘破壊できるようになったり、《マシンナーズ・ギアフレーム》が帝を倒せるようになるのはかなり美味しい。
しかし永続魔法であるがゆえメタに直撃しやすく、普通に使う分にも魔法&罠カードゾーンを圧迫してしまう。
《ガイアパワー》とどちらを取るかはデッキ構築次第だろう。
《機械複製術》
主に《マシンナーズ・ピースキーパー》等の低攻撃力ユニオンモンスター、《サイバー・ヴァリー》 を大量展開するのに使用できる通常魔法。
通常のビートダウン軸には採用されないものの、【ユニオン】軸の【マシンナーズ】には採用を検討出来る。
このデッキの派生 †
《マシンナーズ・フォース》採用型 †
《マシンナーズ・フォース》を採用し、《リミッター解除》や《団結の力》等による1ターンキルを狙うタイプ。
ストラクチャーデッキ-マシンナーズ・コマンド-の登場前はこの戦法が主流だった。
主軸となるカードは《マシンナーズ・フォース》、《マシンナーズ・ソルジャー》、《マシンナーズ・スナイパー》、《マシンナーズ・ディフェンダー》、《督戦官コヴィントン》の5体。
《地霊術-「鉄」》、《機甲部隊の最前線》、《血の代償》らでなるべく早くパーツを揃えつつ、《流星の弓-シール》、《巨大化》、《リミッター解除》等を手札に加え一撃で決める流れとなる。
必須パーツが非常に多く、サーチもやり辛いため、《平和の使者》でロックする方法も有効である。
墓地を肥やした上で《ファントム・オブ・カオス》に《地獄の暴走召喚》を使用する方法も存在。
 
このデッキの弱点 †
 あらゆる【機械族】デッキに共通する弱点だが、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》には弱い。《システム・ダウン》も同じ理由で天敵である。
 全ての下級マシンナーズを超える攻撃力を持ち、《マシンナーズ・ピースキーパー》と《マシンナーズ・ギアフレーム》のサーチを無効化し、《マシンナーズ・フォートレス》の自身の効果による特殊召喚を妨害する《ライオウ》にも気をつけたい。
 そして《ガイアパワー》や《一族の結束》がフィールド上に無い場合は、 【ライトロード】、【コアキメイル】等の高攻撃力を誇る下級モンスターが多いデッキには不利となる事も忘れないでおこう。



遊☆戯☆王オンライン デュエルアクセラレーター 
ブログパーツにほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ カードゲームへ
ギャルゲー・ブログネットゲーム全般・ブログ遊戯王ONLINE・ブログ 
ランキング
遊戯王ONLINE・ブログ ギャルゲー・ブログ ネットゲーム全般・ブログ にほんブログ村 ゲームブログ カードゲームへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ
最新コメント
[08/12 ユウヤ]
[06/15 遊戯王カード総合サイト]
[02/04 ubi]
[11/20 mint]
[11/11 chocochoco]
遊戯王カード
SEO対策2
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

遊戯王本
遊戯王ゲーム
カウンター
ブログパーツ
ページ内ランキング
アクセス解析
SEO対策
BBS7.COM
MENURNDNEXT
track feed 巫女巫女ナースの遊戯王オンライン そもそも遊戯王オンラインとは? 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター )を指したものである。 そしてこのブログは、遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)の攻略方法を紹介するものである。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)のブログは数多くあるが、レート表などを活用されるならば、どうぞご利用ください。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)の主な違いは、デュエル料金が無料か有料かで異なります 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)の良い点は、対戦相手を探す必要がないことです。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)ブログはたくさんあるため色々探してみるのもいいかもしれません。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は制限がOCGとは異なります。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は動画サイトにプレイ動画を上げることが可能です 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は召喚演出があります 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)はPSPやDSに比べて、お金がかかります 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は嵌まると廃人になるかも・・・
コナミスタイルキャンペーン
アマゾンでデュエルパス
アマゾンで検索
アマゾンキャンペーン中
アマゾンの人気商品です アマゾン安売りセール中
プロフィール
HN:
どこかの神様
性別:
非公開
最新トラックバック
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 遊戯王オンライン・MTG(マジック・ザ・ギャザリング)・ヴァイスシュヴァルツ・デュエルマスターズ・ヴァンガードの動画まとめ Some Rights Reserved.
http://yuugioh.blog-rpg.com/Page/6/
忍者ブログ[PR]