忍者ブログ

遊戯王オンライン・MTG(マジック・ザ・ギャザリング)・ヴァイスシュヴァルツの動画をまとめます

2017.04┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
RSS
HOME[PR]遊戯王デュエル動画酒ネクロVS BF

[PR]

2017-04-30-Sun 06:26:30 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

酒ネクロVS BF

2010-02-26-Fri 22:50:29 │EDIT





【ネクロフェイス】 †
【ネクロフェイス】
デッキの概要
デッキの構成
モンスター
魔法・罠カード
デッキの操作 
デッキの弱点
デッキの派生
【酒ネクロ】
代表的なカード
サンプルレシピ
関連リンク
デッキの概要 †
 《ネクロフェイス》を除外し、相手のデッキ切れを狙うデッキ。
 自分のカードも除外されるため、デッキ破壊による勝利だけでなく、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》によるビートダウンも行うことができるので、様々な戦術を取り込むことができるデッキである。
現在《ネクロフェイス》と《封印の黄金櫃》は準制限カードとなっているため、無制限の時代よりも爆発力はないが、決まれば楽しいデッキでもある。
 
《ネクロフェイス/Necroface》
効果モンスター(準制限カード)
星4/闇属性/アンデット族/攻1200/守1800
このカードが召喚に成功した時、
ゲームから除外されているカード全てをデッキに戻してシャッフルする。
このカードの攻撃力は、この効果でデッキに戻したカードの枚数×100ポイントアップする。
このカードがゲームから除外された時、
お互いはデッキの上からカードを5枚ゲームから除外する。
《封印の黄金櫃/Gold Sarcophagus》
通常魔法(準制限カード)
自分のデッキからカードを1枚選択し、ゲームから除外する。
発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時にそのカードを手札に加える。
 基本は、《封印の黄金櫃》で《ネクロフェイス》を除外する。
 深く考えるまでも無く、単純にこれだけでお互いのデッキを5枚も削ることができる。
 もしもその中に《ネクロフェイス》があれば、さらにデッキが削られていくことになる。
 この時、除外されるのは「自分の《ネクロフェイス》」か「相手の《ネクロフェイス》」かを問わない。
 そのため、特にミラーマッチでは効果が連鎖してデッキデス速度は急激に上昇することになる。
 
 《ネクロフェイス》はお互いのデッキを削るため最悪自分が先にデッキ切れを起こす事すらありえる。
 このデッキは、直接デッキから墓地に送り除外を進める必要性がある為、デッキ切れ防止に若干デッキ枚数は多めにしたほうがいい。
 当然相手だけ削る《ニードルワーム》の併用は必須。3枚投入して積極的にデッキを削ろう。
 また、相手のデッキを削りきれない状況や終盤戦の選択肢を増やすことを考えるなら、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》、《原始太陽ヘリオス》、《D.D.ダイナマイト》を何枚かデッキに仕込んでおくのも良い。
 《原始太陽ヘリオス》はともかく、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》と《D.D.ダイナマイト》は除外カードが溜まる後半以降から強力なカードと化す。
 その強力な効果は、各ページを見れば良く分かるだろう。
 この為、デッキデスでありながら1ターンキルも成功させやすく、逆にこれらによる1ターンキルを狙って構成するのも良い。
 
 なお、《ネクロフェイス》が持つ「除外カードをデッキに戻す」効果は、反転召喚及び特殊召喚では発動しない。
 蘇生や帰還時にうっかり間違えないよう、しっかりと肝に銘じておきたい。
 
デッキの構成 †
モンスター †
 キーカードとなる《ネクロフェイス》はできる限り投入したい。
 その他で採用候補となるモンスターは下記の通りである。
 
無差別除外カードである《光の追放者》《閃光の追放者》
墓地からの除外を行う《魂を喰らう者 バズー》《酒呑童子》
デッキ破壊を行う《ニードルワーム》
フィールドや手札から除外できる《サイバー・ヴァリー》
 その他のカードとしては、除外には直接結びつかないが、《終末の騎士》でデッキから墓地に送るという戦術もアリだろう。
 ビートダウンを主軸とするならば、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》や《原始太陽ヘリオス》を採用するのも良い。
 《邪帝ガイウス》は《ネクロフェイス》の除外以外に、相手のカードを除外することにも使用できるため、攻守に優れたカードと言える。
 ロックを主軸とするならば、《マシュマロン》等の戦闘耐性効果があるカードを採用するのも良いだろう。
 《次元合成師》は、除外された《ネクロフェイス》を回収できる。
 デッキトップを除外する効果は、《ゾンビキャリア》の効果で手札の《ネクロフェイス》をコスト、《酒呑童子》の2番目の効果を使用等すれば確実に除外することができる。
 強力な闇属性モンスターの《ダーク・アームド・ドラゴン》や《ダーク・ネフティス》などを投入するのも一つの手。
 
魔法・罠カード †
 《封印の黄金櫃》での《ネクロフェイス》の除外が主となる。
 初手や《封印の黄金櫃》を引く前に《ネクロフェイス》をドローしてしまった場合に備え、手札・場からの除外手段を持っておきたい。
 その他で採用候補となる魔法・罠カードは下記の通りである。
 
驚異的なライフ・アドバンテージを得ることができる《魂吸収》
驚異的なバーンカードである《D.D.ダイナマイト》
無差別除外カードである《マクロコスモス》《次元の裂け目》
墓地からの除外を行う《魂の解放》
《ネクロフェイス》を帰還させる《D・D・R》《闇次元の解放》《異次元からの帰還》
手札除外を行う《闇の誘惑》、《エレメンタル・アブソーバー》
フィールドから除外を行う《抹殺の使徒》《ワーム・ホール》《亜空間物質転送装置》
 その他のカードとしては、《マクロコスモス》を採用する場合は、《手札抹殺》で「除外+手札交換」が成立する。
 《ビッグバン・シュート》は、《ネクロフェイス》を通常召喚し高攻撃力を持っている場合に非常に有効である。
 《異次元の落とし穴》を使用することで、セット状態の《ネクロフェイス》を除外できる。
 《異次元からの埋葬》や《奇跡の発掘》で、墓地からの再除外を狙うこともできる。
 変わったところでは《ヘル・テンペスト》等がある。
 《ネクロフェイス》の除外に直接関わらないが、《カオス・エンド》 《グランドクロス》のフィールド全体破壊も非常に強力である。
 《ネクロフェイス》を墓地に送るのであれば、《おろかな埋葬》や《連鎖破壊》も良いだろう。
 デッキ破壊に特化したい場合は、《エンペラー・オーダー》で《ネクロフェイス》の召喚効果をドローに変換する戦術も良い。
 
デッキの操作  †
 《レベル制限B地区》等でロックを行い、自分のライフポイントを守り、《ネクロフェイス》を除外することに専念する。
 《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》はレベル3であるため、これらロックカードとは相性が非常に良い。
 全てのデッキを削りとるには、除外した《ネクロフェイス》を帰還させ、再度除外する必要がある。
 《闇次元の解放》も良いが、エンドフェイズに《異次元からの帰還》で複数体の《ネクロフェイス》を再度除外できれば、相手のデッキを大きく削りとることができる。
 《魂吸収》も莫大なライフアドバンテージを得ることができるが、単体では機能しないため、投入枚数には注意したい。
 除外から特殊召喚につなげることができる《異次元の偵察機》や《異次元の生還者》の採用も検討できる。
 
 その他デッキの操作については、【デッキ破壊】や【ロックデッキデス】を参考にすると良いだろう。
 
デッキの弱点 †
 あくまでコンボデッキであり、必然的に単体で機能するカードが少なくなってしまうため、速攻で勝負をつけるデッキや一瞬でモンスターを大量展開するデッキには非常にもろい。
 《ネクロフェイス》を除外するには他のカードの効果を使用しなければならず、《ネクロフェイス》が除外できなければ《魂吸収》や《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》も機能せず、《ネクロフェイス》がデッキに存在しなければ、《封印の黄金櫃》もアドバンテージにはならない。
 このように、カードが依存し合う関係にあるため、コンボが達成できなかったり、《神の宣告》等でコンボを阻害されると、何もできずに敗北することもある。
 自分のカードがランダムに除外される点も、デメリットになりうる。
 《ネクロフェイス》を除外できればいいが、《ネクロフェイス》を帰還させるカードや再度除外するカードが除外されると、勝利することは非常に難しい。
 しかし、除外という最も強力なデッキ破壊を行うため、コンボが決まれば高速でデッキを削ることができ、相手も対応が難しくなるだろう。
 除外を行うことができなくなる《王宮の鉄壁》は天敵中の天敵であるため、《神の宣告》や《ツイスター》等の対応手段は必ず用意しておきたい。
 《魔宮の賄賂》は相手のデッキ破壊を助長しつつ妨害手段に対抗する便利なカードである。
 
デッキの派生 †
【酒ネクロ】 †
【酒呑ネクロ】などとも呼ばれる。
《バトルフェーダー》などで相手の攻撃を防ぎ、除外した《ネクロフェイス》を《異次元からの埋葬》など墓地に戻して《酒呑童子》で再び除外するのが主な戦法である。
【ライトロード】に対しては圧倒的に有利であり、その他の様々なデッキに対してもメタとなる強力なデッキである。
除外やバトルフェイズ終了効果など相性が良い《サイバー・ヴァリー》や、四枚目以降の《異次元からの埋葬》となる《奇跡の発掘》が三枚積みされることが多い。
その他、《馬頭鬼》や《異次元からの帰還》といった相性がよく強力なカードや、《おろかな埋葬》や《威嚇する咆哮》などがよく採用される。
 











 
《酒呑童子
しゅてんどうじ
/Shutendoji》 †
効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1500/守 800
1ターンに1度、次の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●自分の墓地に存在するアンデット族モンスター2体を
ゲームから除外する事で、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
●ゲームから除外されている
自分のアンデット族モンスター1体をデッキの一番上に戻す。
 LIMITED EDITION 14で登場した地属性・アンデット族の下級モンスター。
 墓地のアンデット族を除外してカードをドローする起動効果と、除外されているアンデット族をデッキトップに戻す起動効果を持つ。
 
 双方の効果ともアンデット族が必要となるため、【アンデット族】もしくはアンデット族モンスターを主軸とするデッキにのみ投入されることになるだろう。
 攻撃力1500、守備力800とステータスは低めだがそれが幸いして《ゴブリンゾンビ》、《ピラミッド・タートル》、《巨大ネズミ》の全てに対応してるのでサーチには困ることはないだろう。
 
 1つ目の効果については、アンデット族は墓地からの特殊召喚に長けた種族であり、除外しては蘇生が不可能になってしまうため、あまり相性が良いとは言えない。
 しかし、《王宮の弾圧》発動下で特殊召喚を行うことができない場合は、墓地のカードをドローに変換するのは選択肢の一つとして考えておくことも良いだろう。
 
 2番目の効果は、除外されたアンデット族を回収できるため、利用価値はある。
 除外されてしまった《ゾンビキャリア》や《馬頭鬼》を回収できれば、【アンデット族】では有利になる。
 しかし、除外状態の方が《異次元からの埋葬》を利用した展開に期待できるので、デッキトップに戻す行為はデメリットにも成り得る。
 デッキトップに戻したアンデット族は《デーモンの宣告》でドロー加速に使用したり、《アームズ・ホール》で墓地に送ることで活用可能。
 いずれにせよ、使い所を選ぶことになるだろう。
 
2体以上並んでいれば、墓地2枚をコストに除外されているカードを手札に加えられる。
【ネクロフェイス】との相性はなかなかのもの。
墓地に落ちた《ネクロフェイス》は1番目の効果で除外してデッキ破壊を加速させる。
除外された《ネクロフェイス》は2番目の効果で回収する事で再び除外させる機会を得られる。
続けて《闇の誘惑》や《次元合成師》を使えばドローロックもなくデッキ破壊できる。
原作・アニメにおいて―
漫画GXで三沢が使用する妖怪族モンスターの1体。
漫画では「このカードが墓地から特殊召喚された時、攻撃力が2000になる」という効果を持っていた。
「万丈目vs三沢」戦で初登場。
戦闘破壊された後罠カード《怨霊の執念》の効果で墓地から特殊召喚され、攻撃力を上げた。
「三沢vsマッケンジー」戦ではフィールド上に出ることは無かったが《牛頭鬼》の効果でデッキから墓地へ送られ、《赤鬼》の特殊召喚条件を満たすのに貢献した。
神話・伝承において―
酒呑童子とは、大江山に棲んでいたとされる鬼の頭領である。
妖怪の中でも相当な霊力を持ち、九尾の狐である玉藻前や、大天狗となった崇徳天皇と並んで日本三大悪妖怪とされ、日本最強の鬼であるとも言われる。
出生には諸説あるが、伊吹山近辺に伝わる伝承では、八岐大蛇がスサノオとの戦いに敗れて出雲国から近江へと逃げ、そこで人間の娘との間に儲けた子供が酒呑童子だと言う説がある。
確かに八岐大蛇も無類の酒好きであった。
関連カード †
《サイバー・ヴァリー》
収録パック等 †
LIMITED EDITION 14 LE14-JP004 Ultra
FAQ †
Q:ドローする効果で墓地のアンデット族を除外するのはコストですか?
A:コストです。(08/12/28)
 
Q:デッキの一番上に戻す効果は、戻すモンスターを対象にとる効果ですか?
A:発動時に戻すモンスターを対象に取り、効果解決時にデッキの一番上に戻します。(08/12/28)

PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

ランキング
遊戯王ONLINE・ブログ ギャルゲー・ブログ ネットゲーム全般・ブログ にほんブログ村 ゲームブログ カードゲームへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ
最新コメント
[08/12 ユウヤ]
[06/15 遊戯王カード総合サイト]
[02/04 ubi]
[11/20 mint]
[11/11 chocochoco]
遊戯王カード
SEO対策2
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

遊戯王本
遊戯王ゲーム
カウンター
ブログパーツ
ページ内ランキング
アクセス解析
SEO対策
BBS7.COM
MENURNDNEXT
track feed 巫女巫女ナースの遊戯王オンライン そもそも遊戯王オンラインとは? 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター )を指したものである。 そしてこのブログは、遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)の攻略方法を紹介するものである。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)のブログは数多くあるが、レート表などを活用されるならば、どうぞご利用ください。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)の主な違いは、デュエル料金が無料か有料かで異なります 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)の良い点は、対戦相手を探す必要がないことです。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)ブログはたくさんあるため色々探してみるのもいいかもしれません。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は制限がOCGとは異なります。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は動画サイトにプレイ動画を上げることが可能です 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は召喚演出があります 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)はPSPやDSに比べて、お金がかかります 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は嵌まると廃人になるかも・・・
コナミスタイルキャンペーン
アマゾンでデュエルパス
アマゾンで検索
アマゾンキャンペーン中
アマゾンの人気商品です アマゾン安売りセール中
プロフィール
HN:
どこかの神様
性別:
非公開
最新トラックバック
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 遊戯王オンライン・MTG(マジック・ザ・ギャザリング)・ヴァイスシュヴァルツ・デュエルマスターズ・ヴァンガードの動画まとめ Some Rights Reserved.
http://yuugioh.blog-rpg.com/%E9%81%8A%E6%88%AF%E7%8E%8B%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E5%8B%95%E7%94%BB/%E9%85%92%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%83%ADvs%20bf
忍者ブログ[PR]