忍者ブログ

遊戯王オンライン・MTG(マジック・ザ・ギャザリング)・ヴァイスシュヴァルツの動画をまとめます

2017.04┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
RSS
HOME[PR]遊戯王デュエル動画オーシャンビートVS暗黒魔轟神

[PR]

2017-04-28-Fri 09:26:18 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オーシャンビートVS暗黒魔轟神

2010-02-13-Sat 17:14:52 │EDIT


《E・HERO エレメンタルヒーロー オーシャン/Elemental Hero Ocean》 †
効果モンスター 星4/水属性/戦士族/攻1500/守1200 1ターンに1度だけ自分のスタンバイフェイズ時に発動する事ができる。 自分のフィールド上または墓地から「HERO」と 名のついたモンスター1体を持ち主の手札に戻す。

週刊少年ジャンプ(2006年35号) 付属カードで登場した水属性・戦士族の下級モンスター。  E・HEROの一体であり、自分のHEROを対象にとりフィールド上または墓地から手札に戻す起動効果を持つ。  効果は優秀で、フィールドに留まる限り毎ターン、HEROをフィールド・墓地から回収できる。  上手く噛み合えば、《E・HERO エアーマン》の効果を複数回再利用することも可能。  効果は自分のスタンバイフェイズに発動するが、ステータスの低さから戦闘で生き残ることは難しい。  《ヒーロー・シグナル》等での特殊召喚や《収縮》・《次元幽閉》等で戦闘ダメージを回避したい。  水属性・攻撃力1500というステータスは《サルベージ》で回収できる範囲の中で最大の攻撃力。  単体では生存を見込みにくいが、十分にサポートすれば手札を増強することができ、非常に優秀なE・HEROである。  《E・HERO フォレストマン》と融合する事で、《E・HERO ジ・アース》を召喚できる。  《ヒーロー・シグナル》から召喚し、《E・HERO フォレストマン》をサルベージすれば、《E・HERO ジ・アース》召喚に繋げられる。  水属性であるため、【E・HERO】では《沼地の魔神王》・《E・HERO バブルマン》と《サルベージ》を共有することも可能。  《E・HERO バブルマン》同様、《E・HERO アブソルートZero》の融合素材の条件の両方に対応している。  除去E・HEROデッキでも《E・HERO エアーマン》・《E・HERO ワイルドマン》と共に、十分な活躍が期待できる。  テキストにはHEROとしか書かれていないため、D-HEROやE-HEROにも使える。  《D-HERO ダッシュガイ》とは強力なシナジーを形成する。  《E・HERO バブルマン》・《サルベージ》・《アビス・ソルジャー》と併用し回収したカードをコストに充てる戦術もある。  《E・HERO ネオス》は手札に戻さずとも《O-オーバーソウル》・《正統なる血統》等で蘇生できるので、【コンタクト融合】では採用しにくい。 「ocean」とは「海」を意味する。 《アトランティスの戦士》にイラストが似ている。 絶版ではあるが、韓国語版のPREMIUM PACK Vol.2に封入されており、こちらは比較的手に入りやすい。 Vジャンプで、既に効果(下記参照)があるのにこのカードの効果を募集していた。 もしかしたらそれが反映されて今の形になったのだろうか? だとしたらかなり現実的な効果である。(万物の源・海ともとれるが) 原作・アニメにおいて― 漫画GXで遊城十代、響紅葉が使用するE・HEROの1体。 《E・HERO フォレストマン》と融合することで《E・HERO ジ・アース》に、《E・HERO アイスエッジ》と融合することで《E・HERO アブソルートZero》になる。 漫画版では「場に『海』が発動しているとき、プレイヤーに直接攻撃ができる」という、《水陸両用バグロス Mk-3》と同じ効果を持っている。 そもそもこのカードのためにHEROデッキに《海》を入れる必要性がないので、効果は一度も使われていない。 攻撃名は「ビッグウェーブクラッシュ」。 コナミのゲーム作品において― 遊戯王デュエルモンスターズ World ワールド Championship チャンピオンシップ 2008の世界大会用禁止・制限カードリストでは禁止カードに指定されている。 ゲーム限定ではあるが、E・HEROで初めての禁止カードはこのカードとなった。

《E・HERO エレメンタルヒーロー エアーマン/Elemental Hero Stratos》 †
効果モンスター(制限カード) 星4/風属性/戦士族/攻1800/守 300 このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、 次の効果から1つを選択して発動する事ができる。 ●自分フィールド上に存在するこのカード以外の 「HERO」と名のついたモンスターの数まで、 フィールド上に存在する魔法または罠カードを破壊する事ができる。 ●自分のデッキから「HERO」と名のついた モンスター1体を手札に加える。  

Vジャンプ(2006年10月号) 付属カードで登場した風属性・戦士族の下級モンスター。  E・HEROの一体でありフィールド上の魔法・罠カードを対象をとらず破壊、もしくはHEROをデッキからサーチする誘発効果を持つ。  HEROを複数投入するデッキでは必須カードとなる。 1つ目のは魔法カード・罠カードを破壊する効果。 効果解決時に指定の数まで破壊対象を選択し破壊する。 よって破壊対象決定後にチェーン発動する事は不可能となっている。 この点では《氷帝メビウス》より優れている、「後出しジャンケン」とでも言うべき恐ろしい効果である。 だが効果解決時に《激流葬》等で表側表示HEROがいなくなると不発になる。 2つ目は「HEROのサーチ」。 効果解決時にデッキからサーチする。 テキストにはHEROとしか書かれていないため、E・HEROの他D-HEROやE-HEROにも効果の適用が可能である。  融合するデッキでもそうでないものでも有用で、《増援》や《E-エマージェンシーコール》で真っ先にサーチされる。  充分な攻撃力があり、このカードを通すことで打撃力を増すことが可能。  E-HEROにとっては唯一のサーチ効果を持ち、D-HEROも含めて様々なシナジーを補助してくれるありがたいカードである。  このカードのおかげで《D-HERO Bloo-D》は非常に使いやすくなっている。  《ダーク・シムルグ》とは相性が良い。  《E・HERO エアーマン》自身が風属性であり、D-HERO等の闇属性のHEROをサーチすることができるため、どちらも《ダーク・シムルグ》のコストになる。  さらに、《E・HERO キャプテン・ゴールド》を介して《摩天楼 -スカイスクレイパー-》をサーチすれば、このカードだけで攻撃力2800まで処理が可能。  《E・HERO ガイア》や《E・HERO アブソルートZero》などの素材としても活用でき、手札にこのカードと《融合》さえあれば融合召喚が可能となる。  さらに、《融合回収》を使用してこのカードを手札に戻せば、次のターンも続けて融合召喚をすることが出来る。 効果の発動が任意効果である事に要注意。 チェーン2以降に召喚・特殊召喚するとタイミングを逃す。 《ライオウ》の存在下で召喚した場合、HEROを手札に加える選択肢は使用出来ないが、魔法・罠カードの破壊は行える。 →遊戯王OCG ルール&FAQ しかしUpperDeckは「デッキからカードを手札に加える任意効果なので、1番目の選択肢も含め発動自体不可になる」という裁定を下しており、日本側と食い違っている。 次々とHEROをサーチでき、《神剣-フェニックスブレード》で除外したモンスターを《次元融合》で展開する【エアブレード】が一時流行した。 時同じくして猛威を振るっていた【ダークゴーズ】とこのデッキが比較されることも多かった。 もっとも、【ダークゴーズ】の方にもこのカードが3枚積みされていることがほとんどであったが。 攻撃力と手札効率に劣る【E・HERO】【D-HERO】の救済のために登場したカードではあるが、いかんせん汎用性が高すぎた。 召喚するだけでカード・アドバンテージが稼げるため、制限前はデッキの中のこのカードを手札に加えていき、もっぱら擬似ガジェットのような運用をされた。 《戦士の生還》・《貪欲な壺》・《転生の予言》等で使い回すことも可能で、【スキルドレイン】等の相性の悪いデッキでなければたいていのデッキに投入されていた。 僅か3枚のスペースでデメリットも無く活躍が見込めるため、どこもかしこもこのカードが蔓延していたほどである。 当時はこのカードの存在自体を良く思わないデュエリストも多く、名前と皮肉に引っ掛け「空気の読めない男」などと揶揄されていた。 それ故、07/03/01の制限改訂で制限カードに指定されたHEROである。 登場してからすぐであり、いかに猛威を奮っていたかが認知された結果だろう。 このカードと《冥府の使者ゴーズ》の流行もあって《マインドクラッシュ》・《ダスト・シュート》の価値が急上昇し、凶悪なハンデス旋風を巻き起こした。 大会等ではジャンルを問わずほぼ全てのデッキが《マインドクラッシュ》・《ダスト・シュート》を2、3枚ずつ投入していたほどであった。 また、《畳返し》ならば汎用性には乏しいもののディスアドバンテージの無い1:1交換が可能であった。 優秀な効果を持ちHEROの必須カードでありながら入手困難だったが、DUEL TERMINAL -疾風のドラグニティ!!-にて再録された。 当初の英語版テキストでは「HERO」の部分が「『E・HERO』または『D-HERO』」となっていた。 《ヒーロー・キッズ》や《オシロ・ヒーロー》を対象にしないための措置なのだが、このままでは英語版でE-HEROを対象にすることが出来ない。 カード名に関する効果は日本語版に準拠されるため、エラッタによりテキストをE-HEROに対応したカードが新しく発行された。 これでE-HEROを使う際の心配も無用である。 もちろんエラッタ前のカードも以降のカードと同様に扱う。 後に漫画で新たな「HERO」である「M・HERO」「V・HERO」が登場したため、これらがOCG化した場合、再度エラッタする可能性もある。 英語名の「stratos」は「成層圏」を意味する「stratosphere」からだろうか。 原作・アニメにおいて― 漫画GXで遊城十代が使用するE・HEROの一体。 漫画での効果は「攻撃力を半分にすることで直接攻撃ができる」というものであり、まともに使われたのは「十代VS翔」戦である。 「十代vsマッケンジー」戦では《E・HERO レディ・オブ・ファイア》と共に《E・HERO Great TORNADO》の融合素材となった。 効果が判明した後でも劇中のカード画像には効果は記されていない。 コナミのゲーム作品において― 遊戯王ワールドチャンピオンシップ2007では、D-イメージをダウンロードすると、デュエリストとして彼が登場する。 【E・HERO】ではなく、【ダイヤモンドガイ】を使用する。 遊戯王デュエルモンスターズGX TAG FORCE 3では、08/03/01の禁止・制限カードに基づいているにも関わらず、三沢大地(ヒーロー)のデッキにはこのカードが3枚入っている。

【E・HERO エレメンタルヒーロー ビート】 †

【E・HERO(エレメンタルヒーロー)ビート】 デッキの概要 デッキ構築に関して モンスター 魔法・罠 デッキの動かし方について デッキの派生 攻撃抑制特化型 このデッキの弱点 サンプルレシピ 代表的なカード 関連リンク ↑ デッキの概要 †  《増援》・《E-エマージェンシーコール》によって制限カードの《E・HERO エアーマン》を素早く手札に加え、《E・HERO オーシャン》によって繰り返し使いまわすデッキ。  【ヒーロービート】、【オーシャンビート】などとも呼ばれる。  《E・HERO エアーマン》が無制限の頃よりデッキパワーは落ちているが、現在は《E・HERO エアーマン》で戦闘破壊可能なモンスターが多い。  そのため、現環境でも十分に活躍が可能であろう。  なお、《E・HERO ネオス》を軸とする場合については【ネオスビート】を参照。 《E・HERO エアーマン/Elemental Hero Stratos》 効果モンスター(制限カード) 星4/風属性/戦士族/攻1800/守 300 このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、 次の効果から1つを選択して発動する事ができる。 ●自分フィールド上に存在するこのカード以外の 「HERO」と名のついたモンスターの数まで、 フィールド上に存在する魔法または罠カードを破壊する事ができる。 ●自分のデッキから「HERO」と名のついた モンスター1体を手札に加える。 《E・HERO オーシャン/Elemental Hero Ocean》 効果モンスター 星4/水属性/戦士族/攻1500/守1200 1ターンに1度だけ自分のスタンバイフェイズ時に発動する事ができる。 自分のフィールド上または墓地から「HERO」と 名のついたモンスター1体を持ち主の手札に戻す。 ↑ デッキ構築に関して † ↑ モンスター †  《増援》・《E-エマージェンシーコール》でサーチが可能なモンスターがメインとなる。  デッキの核となる《E・HERO エアーマン》と《E・HERO オーシャン》2~3枚の他、純粋なアタッカーとして《E・HERO アナザー・ネオス》や《E・HERO ザ・ヒート》・《E・HERO ワイルドマン》。  そして《異次元の女戦士》・《ならず者傭兵部隊》等の優秀な戦士族を入れておきたい。  ただ、《E・HERO オーシャン》の効果が発動できれば通常召喚の機会は殆ど《E・HERO エアーマン》に費やされるため、モンスターの枚数は最小限に抑えて良い。 ↑ 魔法・罠 †  モンスターの数は最小限で構わないため、ふんだんに魔法・罠をいれることができるのがこのデッキの特徴でもある。  《増援》・《E-エマージェンシーコール》は可能な限り投入し、少しでも《E・HERO エアーマン》を引ける確率を高める。  その他は、《E・HERO オーシャン》を場に維持するためのカウンター・コンバットトリック・除去罠が必要となるため、【罠ビート】のような魔法・罠を採用することになる。  多彩な永続罠を採用できるため、そのまま【メタビート】のような構築になることも多い。  多数の戦士族を採用するため《群雄割拠》を無理なくいれることができ、特殊召喚をする必要がないので《王宮の弾圧》も相手だけを制限することができる。  また、《閃光を吸い込むマジック・ミラー》と《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》は両方ともなんの弊害もなく採用できる。  《スキルドレイン》も《E・HERO エアーマン》や《E・HERO オーシャン》とはアンチシナジーだが、《E・HERO アナザー・ネオス》や《E・HERO キャプテン・ゴールド》・《ライオウ》などの光属性と《オネスト》を採用し【スキルドレイン】の派生形となることも可能。  《E・HERO エアーマン》との相性の良い《摩天楼2-ヒーローシティ》を採用し、【ヒロシビート】等と呼ばれることもある。  或いは、《E・HERO キャプテン・ゴールド》とともに《摩天楼 -スカイスクレイパー-》を採用しても面白い。  E・HEROを守る《神の宣告》・《魔宮の賄賂》・《天罰》などがフィールド魔法や永続罠を守ることにつながっていくため、永続カードとの相性は中々に良い。 ↑ デッキの動かし方について †  《E・HERO オーシャン》の効果で《E・HERO エアーマン》を手札に戻し効果を毎ターン使用することがこのデッキの基本戦術である。  《E・HERO エアーマン》で相手の魔法・罠カードを除去していき、またHEROを手札に加える事でさらにアドバンテージを広げていこう。  また、このデッキには除去が大量に入っているのでモンスターの除去には困らないだろう。 ↑ デッキの派生 † ↑ 攻撃抑制特化型 †  《E・HERO オーシャン》の他に《E・HERO フォレストマン》・《ワーム・リンクス》・《BF-疾風のゲイル》などを採用し、それらを相手の攻撃から《和睦の使者》・《威嚇する咆哮》・《くず鉄のかかし》などで守りながらアドバンテージを稼ぎ《摩天楼 -スカイスクレイパー-》を軸に攻めていく。  《摩天楼 -スカイスクレイパー-》の弱点である相手ターンの攻撃を防げるため、《E・HERO ワイルドマン》が優秀なアタッカーとなる。  《ワーム・リンクス》は攻撃宣言を受けた時に《和睦の使者》を使えばそのターンのエンドフェイズには効果を発動可能。  《威嚇する咆哮》・《くず鉄のかかし》の場合は次の自分のターンにリバースしよう。  《BF-疾風のゲイル》は効果が優秀でシンクロ召喚のギミックも組み込めるので一石二鳥。  デッキ切れを起こしそうな時、自力では止められない《ワーム・リンクス》のドローをシンクロ素材に使うことで処理できる。 ↑ このデッキの弱点 †  当然の事ながら《E・HERO オーシャン》・《摩天楼2-ヒーローシティ》を妨害する除外は天敵となる。  《異次元の女戦士》をはじめとするモンスターは除去で、《奈落の落とし穴》は《我が身を盾に》・《収縮》、《次元の裂け目》・《マクロコスモス》は《砂塵の大竜巻》や《E・HERO エアーマン》の効果で一応の対処ができる。  しかし、《天罰》辺りでしか対処できない《D.D.クロウ》の存在も考えると、《E・HERO エアーマン》に依存しすぎるのは危険かもしれない。  《ヒーローズルール2》が(イメージ的にも)かなり相性が良いだろう。  除外されてしまったE・HEROを特殊召喚する効果を持つ《E・HERO ボルテック》の登場によりある程度克服されている。  また、《ライオウ》に居座られるとその効果によりさまざまなサーチカードが腐ってしまう。  素早く除去できるようにしたい。 にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ カードゲームへ
ギャルゲー・ブログネットゲーム全般・ブログ遊戯王ONLINE・ブログ 
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

ランキング
遊戯王ONLINE・ブログ ギャルゲー・ブログ ネットゲーム全般・ブログ にほんブログ村 ゲームブログ カードゲームへ
にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ
最新コメント
[08/12 ユウヤ]
[06/15 遊戯王カード総合サイト]
[02/04 ubi]
[11/20 mint]
[11/11 chocochoco]
遊戯王カード
SEO対策2
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

遊戯王本
遊戯王ゲーム
カウンター
ブログパーツ
ページ内ランキング
アクセス解析
SEO対策
BBS7.COM
MENURNDNEXT
track feed 巫女巫女ナースの遊戯王オンライン そもそも遊戯王オンラインとは? 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター )を指したものである。 そしてこのブログは、遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)の攻略方法を紹介するものである。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)のブログは数多くあるが、レート表などを活用されるならば、どうぞご利用ください。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)の主な違いは、デュエル料金が無料か有料かで異なります 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)の良い点は、対戦相手を探す必要がないことです。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)ブログはたくさんあるため色々探してみるのもいいかもしれません。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は制限がOCGとは異なります。 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は動画サイトにプレイ動画を上げることが可能です 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は召喚演出があります 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)はPSPやDSに比べて、お金がかかります 遊戯王オンライン(YO2とYO3とduel acceleratorまたはデュエルアクセラレーター)は嵌まると廃人になるかも・・・
コナミスタイルキャンペーン
アマゾンでデュエルパス
アマゾンで検索
アマゾンキャンペーン中
アマゾンの人気商品です アマゾン安売りセール中
プロフィール
HN:
どこかの神様
性別:
非公開
最新トラックバック
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 遊戯王オンライン・MTG(マジック・ザ・ギャザリング)・ヴァイスシュヴァルツ・デュエルマスターズ・ヴァンガードの動画まとめ Some Rights Reserved.
http://yuugioh.blog-rpg.com/%E9%81%8A%E6%88%AF%E7%8E%8B%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E5%8B%95%E7%94%BB/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88vs%E6%9A%97%E9%BB%92%E9%AD%94%E8%BD%9F%E7%A5%9E
忍者ブログ[PR]